20代~40代の年代別で違った!?ほうれい線の原因とケア方法とは

未分類

最近、洗面台で鏡を見るたび

  • ほうれい線
  • 目の横の小じわ

などが気になり、朝から憂鬱な気分になっていませんか??

私は毎朝気になり、気にすれば気にするほどシワが深くなっている気にすらなっていました。

そしてこれまで、様々なインターネットサイト、雑誌、友人の話から皮膚科の先生まで様々なシワや乾燥肌、ほうれい線に関する情報を集めてきました。

そんな中、世代や年齢によってケア方法が違うという話を聞き、今では私の世代にあったケアやスキンケアを行う事で自身では「ほうれい線が薄くなったかな?」なんて思ったりしてます。

今回は、世代別のほうれい線のケア方法についてご紹介していきたいと思います。

20代の場合

多くの方のほうれい線になる理由が、肌のたるみが原因な場合がほとんどの為に基本的には20代でほうれい線が目立ち始める事は少ないと言われています。

ですが、20代でのたるみ以外のほうれい線の原因もあります。

  • 肌の乾燥が原因となる小じわ
  • 表情のクセ(笑顔の時などの)
  • 冷えによるむくみ
  • 生活習慣の乱れなどによる女性ホルモンの乱れや栄養不足

(明らかな目立つほうれい線というよりかわ、薄く気が付きにくい程度のシワがほとんどと言われています。)

20代にオススメの「ほうれい線」ケア方法

20代の場合は先ほどお伝えした通り「薄く」目立たなくする事がそこまでむずくかしくないと言われています。

生活習慣の見直し(特に睡眠は最低6時間~7時間は確保するなど)や日頃の癖など自身で思い当たるところを改善していく事から始める事がオススメです。

30代の場合

30代は、肌のたるみが始める世代と言われています。

早い方だと30代の前半から鼻の脇あたりにほうれい線が目立ち始める方も居るそうです。

(口元までのほうれい線にまでなる事はあまりないと言われています。)

30代のほうれい線の原因としては20代でのほうれい線の原因にプラスして

  • 肌のコラーゲンエキスの減少や変化
  • 肌を支える細胞の老化による肌のたるみ

などと言われています。

30代にオススメの「ほうれい線」ケア方法

コラーゲンなどの肌に必要な成分は紫外線などによって劣化していき、40代になると急激に量が減り肌のたるみが目立つようになると言われています。

その為、30代では、肌内部のコラーゲンなどを増やしておく事が大切とされています。

具体的には「レチノール」や「ビタミンC誘導体」などのコラーゲンに働きかける成分が配合されている美容液やクリームを使い始める事がオススメです。

※ちなみに私もオールインワンスキンケアを使うようになりほうれい線が目立たなくなった一人です。

私が使っている商品が気になる方はサイト上部の「オススメのオールインワン」をクリックして頂ければ商品の紹介ページが見れます!

40代の場合

40代になると、いよいよ「ほうれい線」の原因となる「肌のたるみ」が本格的に始まると言われており、ほうれい線が目立ち始める世代となります。

(30代に比べて、肌のすべての機能が低下する為、ほうれい線が口元まで達し、目立ってしまう事もあるとされています。)

40代のほうれい線の原因としては20代、30代の原因に加えて

  • 口の周りの筋肉(表情筋など)
  • 肌のハリや弾力の減少

40代にオススメの「ほうれい線」ケア方法

ほうれい線は、何年もかけて傷んできたコラーゲンなどの変化や減少に加えて、本格化した「肌のたるみ」がほうれい線発生の原因となる為、「レチノール」や「ビタミンC誘導体」などの成分が配合されたスキンケア商品を使う事はもちろん

皮膚のたるみを解消するエクササイズやマッサージ

も有効だと言われています。

エクササイズ方法としては

  1. 500mlのペットボトルのフタを取り、適量の水を入れます。
  2. 唇だけの力でペットボトルをくわえて、持ち上げます。
  3. そのまま10秒間持つ、これを数回繰り返します。

ペットボトルの水量の調整で慣れてきたら水の量を増やして重くしたりして調整するのがオススメです。

口を閉じて前歯の前を舌でぐるぐる回すのも簡単にできる表情筋を鍛えるエクササイズとして有名です。

タイトルとURLをコピーしました